エレナとTriumphが歴史を作る

01/01/0001

10代の女性ライダー、エレナ・マイヤーズ(Elena Myers)は、3月に開催されたDaytona 200においてCastrol Triumph Daytona 675Rで9位に入り、72年の歴史をもつこの200マイルレースにその名を刻みました。

カリフォルニア生まれの彼女は、Latus Motors/Riedmannレーシングチームの一員として、2011のウィナーで昨年は惜しくも2位となったJason DiSalvoと、Kenny Riedmannの2人と共に、総勢31人のライダーで争われるこのレースに参加しました。

その中には、エレナに続いて10位に入ったホンダに乗るメリッサ・パリス(Melissa Paris)もいました。彼女にとっても歴史に残る偉業を達成するチャンスだったメリッサを抑え、エレナはアメリカでもっとも名高いレースの57ラップをデイトナ仕様のフロントタイヤで限界まで攻め続けました。

「リアを2回交換しました。」と彼女は言います。「私がピットサインを読み違えてしまい、2回目のピットストップは数ラップ早めにピットインしてしまいました。幸いにもピットクルーはピットストップを15秒でやってのけてくれました。

「レースはとても厳しく、周回数が多かったのでブレーキングをし続けた手首が痛くななったものの、それほど疲れはしませんでした。

先日Triumph North Americaが出したこのビデオでエレナのがんばりをご覧になれば、Daytona 200でのエレナのハードなライディングやチームの作戦、彼女へのプレッシャーなどが想像できるでしょう。

そこでは、Jason DiSalvoが2012年のDaytona 200において見せた、このレース史上に残る終盤の戦いでの彼の激しいチャージについての物語が語られます。

彼のCastrol Triumph Daytona 675には、2011年に亡くなった、500cc Triumph Tigerで1967年のDaytona 200に勝利したGary Nixonを偲ぶデザインが施されていました。ご覧にいただけばおわかりになるように、このビデオにはDiSalvoのライディングが見せる彼のがんばりと勇気が記録されています。

ここに登場する、華々しい業績をあげた2012年型Daytona 675ですが、この2013年のDaytona 200が最後のレースとなります。Latus Motorsのエンジニアは今年の4月に、期待のかかる新しい2013年モデルへの仕上げを終えています。

正規販売店を探す

No Results Available