Thunderbird

スタイルとパフォーマンス、そしてコントロール。これはしゃれた組み合わせですが、Triumph Thunderbirdシリーズをひと目見ただけで、このすべてを備えていることがわかります。長距離を走り続けることから都会の風景をリードして走ることまで、どれを選んだとしても、世界最大のパラレルツインエンジンが答えを見つけてくれます。

概要

Thunderbird Commander and Thunderbird LT

Triumph Thunderbird CommanderとThunderbird LTは、ベースとなるシャシーと、トルクあふれる1699 ccパラレルツインエンジンによるパワーは共通しているものの、この2台のマッスルクルーザーはまったく異なった系統です。Thunderbird Commanderは、パワークルーザーのスタイルを基本に、どんな道、どんなライディングも受け入れてしまう広々としたダイナミックなライディングスタンスをもちます。一方、Triumph Thunderbird LTは、イージーゴーイングでレイドバックな振動が心地よい、プレミアムツーリングクルーザーで、長距離用のアクセサリーを満載しています。

エンジン

エンジン

Triumph Thunderbirdのエンジンは、隅々までがクラシックなクルーザーに相応しく、Triumph独特のビッグボア・パラレルツインが採用されています。空冷式の冷却フィンのように見えますが、中はモダンでハイパフォーマンスな水冷のパワープラントで、洗練された電子燃料噴射エンジンマネジメントが備わり、最先端を行くTriumphの品質と耐久性が組み込まれています。

構成

鍛造ピストンはお皿ほどの大きさがあり、Thunderbirdは1597 cc、Thunderbird StormとCommander、それからThunderbird LTは1699 ccの排気量、8バルブの水冷パラレルツインは、270°の燃焼間隔でどっしりとした独特のパワーを出します。ツインバランスシャフトが低周波振動を和らげ、回転域全般にわたってThunderbirdの脈動するトルクが感じられます。

パフォーマンス

Triumph Thunderbird CommanderとThunderbird LTのパワーの源である強大な1699 ccという世界最大のパラレルツインエンジンは、強力なパンチ力をもち、驚異的な94 PSと、驚くべき151 Nmのトルクを3550 rpmで発揮します。この武骨なローダウンパフォーマンスは、Thunderbird LTで大陸を横断するリラックスしたクルージングから、Thunderbird Commanderで現代の道を人目をはばからずに突っ走るようなことまでやってのける完璧なエンジンと言えます。そして必要な時には、どのギアでも並外れた追い越し加速力が即座に発揮されます。Thunderbirdには不足というものはありません。

1597 ccのTriumph Thunderbirdの動力源は、十分過ぎるほどの86 PSを一気に出しますが、本題と言えるのは146 Nmという途方もないピークトルクがわずか2750 rpmという回転数にすぎないということです。一方、Thunderbird Stormの1699 ccというエンジンはそれをさらに上回る98 PSと、驚くべき156 Nmのトルクを発揮します。このことは、ThunderbirdとThunderbird Stormのローダウンパワーが発揮されるのが、ゆったりとした雰囲気にひたるクルージングに合うように特別に作られていることを意味します。とは言え、どちらのバイクもいざというときにはすべてを抜き去るだけの本当のパフォーマンスをタンクの下に備えています。

ギアボックス/トランスミッション

Triumph Thunderbirdのスムーズな6速ギアは、強烈な推進力を生む1速ギアからリラックスしたクルージングのためのオーバードライブトップギアまで、トルクリッチなエンジンパフォーマンスのすべてを優れた燃料経済性でしぼり出します。そして必要な時には、並外れた追い越し加速力がどのギアでも即座に発揮され、Thunderbirdには不足というものがありません。

ベルトドライブ

Triumph Thunderbirdのベルトドライブは、カーボンファイバー製のベルトで、リアプーリーはタングステンカーバイド処理されており、スチール製よりも高い引張り強度をもち、スナッチフリーのトランスミッションで、チェーンドライブとは比較にならないほとんど整備不要の高い耐久性を約束しています。

シャシー

概要

Triumph Thunderbirdのダイナミックなエンジンには、同じくダイナミックなシャシーが求められ、そのハンドリングは後付けではなく、もっとも重視して開発されました。その結果、どのThunderbirdも、クルーザーでは通常あり得ない相対的に高いレベルの俊敏性とコントロール性、そして正確さが備わっており、高い地上高のおかげで気が向けば道路を外れてみることも一興です。

サスペンション

スタイリッシュな外観とモダンな中身。Triumph Thunderbirdsには120 mmのストロークをもつずっしりとしたShowa製47 mmフォークが採用され、リアに装備された5段階プリロード調節式のツインショックとベストなマッチングになるようセットアップされています。このリアは109 mm (LT と Commander) あるいは 95 mm (Thunderbird と Thunderbird Storm) のストロークで、気合を入れたソロツーリングから2人旅まで、どんな状況にも応えます。

フレーム

Triumph Thunderbirdの ブレームは頑丈なスチール製ツインチューブスパインのレイアウトで、エンジンを強度部材として利用し、扱いやすいステアリングがいつでも発揮されるよう最適なジオメトリーになっています。さらにこのフレームは、Thunderbirdのデザインの要である魅力的なパラレルツインをじゃましないことも見逃せません。

ホイールとタイヤ Commander and LT

俊敏で使いやすいハンドリング特性を維持しながら、道路でのTriumph Thunderbird Commanderの圧倒的な存在感に負けない、ドラマティックで非常に太い140/75 17インチフロントタイヤと200/50 17インチリアタイヤが、ダイヤモンド切削加工された軽量鋳造ホイールに装着されています。一方、Thunderbird LTは、英国のタイヤメーカーであるAvonがTriumph専用に開発した世界初のホワイトウォールラジアルタイヤを装備しています。太い150/80 16インチフロントタイヤと180/70 16インチリアタイヤを素晴らしい56スポークのワイヤリムに履き、レイドバッククルーザーの究極の姿がここにあります。

ホイールとタイヤ Thunderbird and Storm

自信をもってコーナーでバンクさせられるよう、そしてTriumph ThunderbirdとThunderbird Stormが両立させているローダウンなクルーザースタイルと安楽でニュートラルなハンドリングを引き立てているのが、前後それぞれ19インチと17インチの軽量5スポーク鋳造合金製ホイールに装着された専用開発のフロント120/70と、ワイドセクションでロープロファイルの200/50 Metzeler Marathonタイヤです。妥協のないグリップとフィードバックに加えて、これも欠かせない要素である、ファットなタイヤのルックスが自慢です。

ハンドリング/ブレーキ

Triumph Thunderbirdはとてつもないエンジンパフォーマンスをもつがゆえに、あらゆる状況下であらゆるライダーに対して傑出したハンドリングを提供することが求められました。このビッグクルーザークラスにも、Triumphのトレードマークである軽量でニュートラルなステアリング、低速での取り回しのよさ、そして高い安定性と扱いやすさを与えるべく綿密な開発が行われました。高性能のブレーキも再優先の重要事項で、フロントには310 mm ディスクにNissin製4ピストンキャリパー、そしてリアは310 mmディスクにBrembo製キャリパーを装備し、それを高性能ABSがバックアップします。

Riding Position

ライダーがそれに乗った瞬間から、Thunderbird Commanderはその名に相応しく振る舞います。ワイドで後方に角度のついたハンドルバーがライダーの指示を待ち、前寄りに置かれたランニングボードと、二層の異なる固さをもつフォームの厚いパッドの入った低いシートが、ライダーを堂々としたレイドバックなポジションに招きます。ライダーが世界に踏み出る気分になれば、それで準備完了です。Thunderbird LTには同じフットボードと分厚いパッドのシートに加えて、高く引き上げられたカウホーンバーがさらに安定した、長距離走行向きのライディングポジションを与えます。ライダーが世界を一周する気分になれば、さあ出発です。

乗りこなすことができ、周りからもそう見えるこのが Triumph ThunderbirdとThunderbird Stormの価値です。前寄りのフットレスト、二層のローシート、そしてワイドで後方に角度のついたハンドルバーがゆったりとしたライディングポジションを生み、思い立った時に走りに出るもよし、長旅を、お二人ででも快適にお過ごしいただけます。

スタイリング

スタイリング

大事なのはスタイリングです。それが理由に、Triumph Thunderbirdは、走りだけでなく、視覚的にもライダーの心をかきたてるのです。機械加工された冷却フィンやクロームのカバー、凝った取り回しのエグゾーストといったメカニカルな特徴はもとより、ダイヤモンド切削加工された鋳造ホイールやワイヤホイールの美しさ、ディープフェンダー、ハンドペイントのコーチライン、光沢のあるボディカラーなど、いずれのThunderbirdも高級感あふれ、Triumphクルーザーに期待される品質と装飾で作り込まれています。クラシックなツーリングクルーザーのたたずまいのLTや、クリーンでエレガントなスタイルのThunderbird Commanderなど、そのルックスはオーナーだけでなく周りの人にもため息をつかせます。

$name

$name

$name

$name

アクセサリー

フットボードキット

Triumphアクセサリーのフットボードでライディングポジションを自分好みにしてください。クロームのティアドロップ型ライダー用フットボードはプレーンなラバーマットかクロームラインの装飾入りのどちらかを選ぶことができ、ライダーとパッセンジャーに快適さをもたらします(画像はThunderbird Commanderのフットボード)。

ラゲージラック

日々の利便性のため、あるいは長距離ソロツーリング用に、光沢のあるハンドポリッシュ多層クロームめっきのラゲッジラックは、スチールチューブから制作され、Triumph ThunderbirdとThunderbird Stormのリアにフィットします(ピリオンシートを取り外します)。

ドレッサーバー

高品質のハンドポリッシュ3層クロームめっきのスチールチューブでできたエンジンドレッサーバーはThunderbirdファミリー用で、Thunderbirdのエンジンやリアを最大限保護します。必要な取付金具はすべて付属しています。

レザー製パニエ

Triumph Thunderbird Commanderで長距離旅行に出かけるなら、たっぷりした容量をもつ本革製のトップローディング式パニエの大容量52リットルは何よりも魅力的でしょう。クロームめっきのTriumphロゴの入ったバックルと使いやすい内蔵のスナップクリップが付属します。

ライダーコンフォートシート

高級でラグジュアリーなSky Rennaファブリックで、ステッチの装飾が特徴の長距離用ライダーシートは、どんなに遠くまでも比類なき快適さをもたらしてくれます。ピリオン用コンフォートシートと合わせて取り付けるようにデザインされています(写真はThunderbird Commander用シートです)。

サイレンサーキット

ロングとショート2種類のデザインが用意されたハイフローサイレンサーキットは、排気効率を増したスラッシュカットのテーパー型3層めっきのクロームサイレンサーで、深いエグゾーストノートが特長です。ガスケットと交換用のヒートシールドカバーが付属します。最高の性能を得るためには専用の調整が必要です。公道以外用です(写真はThunderbird LT用)。

Thunderbird モーターサイクル

Thunderbird

¥1,764,000

Thunderbird

ゆったりとリラックスできるThunderbirdは、クルーザーのあるべき道を示しています。

Triumphのエンジニアリングはさらにそこに、Thunderbirdらしさを失うことなく優れたパフォーマンスとハンドリングをバランスよく持ち合わせています。

エンジンはこのクラスではめずらしい、クラシックTriumphのパラレルツインです。そしてスタイリングは、流れるようなラインと、低いシート、高いハンドルバーをもつクルーザーそのものです。

しかし、他のTriumphと同様に、それは極めて実用的でもあり、毎日の移動手段としてもぴったりです。低く長いスタイルと、ファットなタイヤ、クロームを多用した、日常のコミューターです。

Thunderbird Storm

¥1,982,880

Thunderbird Storm

クロームは少なめで、パワーと姿勢を強化。Thunderbird Stormは、1700 cc並列2気筒エンジンを搭載し、エッジの立ったデザインになっています。

オリジナルのThunderbirdをベースとし、StormはTriumph独自のツインヘッドライトはそのままに、低く、黒一色の装いで、強大なトルクと不安のないハンドリングで支えられたちょいワルで余計なものを必要としない巨大さを街でアピールします。

Thunderbirdの大型パラレルツインエンジンから102 ㏄排気量をアップし、より強力なパンチ力を秘めています。レイドバックの雰囲気はそのままに、実際のパワーとクラス随一のハンドリングの良さに支えられています。これは、ダークサイドをもったクルーザーかもしれません。

Thunderbird Commander

¥1,988,000

Thunderbird Commander

力強く、躍動感のあるエンジン、より洗練されたシャシー、力強い外観と幅広いライディングポジション。ニューThunderbird Commanderは、あらゆるロードを支配するパワーと存在感のあるモデルです。

オリジナルのThunderbirdをベースとしたCommanderは、クラシッククルーザーであること、プレミアム感、そして世界最大のパラレルツインエンジンを持つことを、ライダーだけでなくそれ以外の人々にもひと目で強烈に印象付けます。

そして、何よりもトライアンフであるということは、クルーザーに一日中乗っていても快適であること、実用性があること、強いキャラクターを持つこととすばらしいハンドリングを持つことを意味します。そこに妥協は一切ありません。

Thunderbird LT

¥2,100,000

Thunderbird LT

市販車最大のパラレルツインエンジンを搭載、クラストップレベルのシャシー性能をもち、全ての旅を一生忘れられないものにしてくれることでしょう。Thunderbird LTはプレミアムなクラシッククルーザーとしてゆったり、リラックスしたライディングをお楽しみいただけます。

正規販売店を探す

No Results Available