Daytona 675

より速く、よりシャープであると同時に心地よく。ラップタイムを削り、ワインディングロードをこなし、最難関のコーナーを征服するのは、この世界でもっともスリリングで高性能なこの中型スポーツバイクです。

Intro

戦うための武器

Triumph Daytona 675でオンロードやサーキットに出れば、興奮が体中を駆けめぐります。中速のドライブ感とトップエンドパワーというわくわくする組み合わせをもつ、レースで勝利してきた3気筒エンジンが、、精密に調整されたシャシーと完璧なバランスを発揮し、俊敏さとコントロール性、そして信頼の走りを生み出します。Daytona 675 Rにはさらに、Öhlinsの高性能サスペンション、Brembo製ラジアルモノブロックブレーキ、クイックシフター、さらにはスタイリングの強化やレース用チューンによる俊敏さとレスポンスが加わります。いずれのモデルにも切り替え可能なABSが標準装備されます。

エンジン

パワーと性能

Triumph Daytona 675のインライントリプルは、レースに勝てるピークパワーの128 PS /12,500 rpmとトルク 74 Nm /11,900 rpmにまでチューンされています。その反面、Daytona 675の3気筒レイアウトには幅広い自然な中低域が備わり、ラップレコードを刻むだけでなく、公道を気楽に流すこともできます。

テクノロジー

Daytona 675がもつ圧倒的なパフォーマンスは、Triumphがもつ最先端の燃料・エンジン管理テクノロジーから生み出されています。ワイドなボアとショートストロークをもつ設計により、14,400 rpmのレッドゾーンまで回って並外れたピークパワーを発揮する一方、内部摩擦を減少させる改良が瞬時の応答性を高めます。

エグゾースト

Triumph Daytona 675の吊り下げ式ステンレススチール製エグゾーストシステムはエンジン周囲に重量を集中させ、ステアリングと俊敏さが高められています。エグゾーストバルブは自動調整式でパワーとトルクが最適化され、Triumph伝統のトリプルエンジンがもつ個性あふれる特性とサウンドをフルに発揮するチューニングが施されています。

シャシー

シャシー

Triumphのハンドリングに俊敏さと安定性をもたらす中心的な考え方はDaytona 675で究極まで詰められています。テストと開発が繰返し行われたDaytona 675のサスペンション、フレームジオメトリー、重量バランス、ブレーキとステアリングの応答性は、きめ細かな完成度にこだわって磨かれ、あらゆるライディング条件の中で完璧なコントロールと信頼を与えるべくエンジンとの全体的調和を目指しました。

ホイールとブレーキとタイヤ

最適なステアリングとサスペンション性能を求め、Pirelli SuperCorsaタイヤを装着した軽量アルミニウム製ホイールは車重軽減に貢献しています。最上位のNissinラジアルキャリパーと310 mmディスク、さらにはスチールメッシュホースが強大なストッピングパワーを発生します。

最適なステアリングとサスペンション性能を求め、Pirelli SuperCorsaタイヤを装着したアルミニウム製ホイールは車重軽減に貢献しています。耐熱性に特に優れるBrembo Monobloc フロントブレーキキャリパーが標準装備されます。スチールメッシュホースが合わされた310 mmディスクが優れたストッピングパワーを発生します。ブレーキングには、作動を遅らせるレースモードがついた洗練のアンチロックシステムも備わります。

重量

重量を軽減しつつ、バイクの重心近くに集中させることが、Triumph Daytona 675がもつ機敏なステアリング、最高の安定性と自然なハンドリングがひとつになっている大きな要因です。エグゾーストなど、コンポーネントを注意深く位置決めすることで、モータサイクル最前部と最後部の質量を軽減し、ライディングポジションをライダーに合わせ、最適なバランスをとることで、ライダーの信頼が最高に高まります。

フレーム、サスペンション、スイングアーム

Daytona 675のアルミニウム製ツインスパーフレームは、支持位置が調整可能なスイングアームに連結され、完璧なシャシー設定ができます。シャープなステアリングとショートホイールベースがスポーティな俊敏さを生み、フルアジャスタブルKYBサスペンションは低・高速の圧縮ダンピング設定により平滑なサーキット路面でもバンピーな公道でもセッティングを決めることができます。

Daytona 675 Rのアルミニウム製フレームと調整式ピボットをもつスイングアームが完璧なシャシー設定を可能にします。ショートホイールベースとシャープなステアリング・ヘッドアングルが、このモータサイクルのスポーティな俊敏性を与えています。Öhlins NIX30フォークは低フリクションで、調節式の細かなダンピング制御が特長で、リアショックに装着されているÖhlins TTXツインチューブユニットは、スプリング負荷、車高、伸び側縮み両側のダンピングが簡単に調節でき、サーキットでの安定した、情報量の多いパフォーマンスが発揮されます。

テクノロジー

クイックシフター

Daytona 675 Rにはクイックシフターが標準装備されます。これはサーキットと公道いずれでもあらゆる速度域でスムーズなギアシフトを可能にします。イグニッションカットはエンジン回転数とスロットル開度によって変化し、コントロール性を高めるためにシリンダーはひとつずつ「ゆっくりと」復帰します。

TPMSオプション

メーカーオプションのTriumphタイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)は、随時空気圧を監視し、最適レベル外になった場合には自動的にダッシュ上に警告を表示します。

ギアシフトインジケーターライト

サーキットでモータサイクルの性能を限界まで引き出すには、ギアシフトのタイミングが非常に大事です。タコメーターの上に6つの青色LEDが並び、回転数の上昇と共に点灯していきます。この表示はトリップコンピュータの制御により回転数域のどのポイントでもギアチェンジのタイミングを示します。

イモビライザー

サーキットラップを刻んだり峠道を攻めている時以外、Triumph Daytona 675に備えられたコード化キーイモビライザーシステムが、電子的にコード化された正しいキーがない状態でイグニッションスイッチを回したり強制的にオンにできないようにしてバイクを守ります。

クラッチ

ブレーキング時のリアホイールのばたつきを抑えるべく、Daytona 675にはスリップアシスト機能付クラッチが装備されており、ブレーキング時にはクラッチプレートが離れてクラッチのスリップを許容します。さらに必要な場合は、Daytona 675のエンジンマネジメントがエンジンブレーキを自動的に調整します。

計器とコンピュータ

Daytona 675のLCD多機能計器パックはあらゆるものが整然と配置されており、そこにはデジタル速度計、燃料計、トリップコンピュータ、アナログタコメーター、ギア位置インジケーター、プログラマブルギアチェンジライト、時計などが備わり、サーキットサップを測るラップタイマーも備わっています。

Styling

スタイリング

Triumph Daytona 675が当初からもつクラシックなラインを進化させ、現在のDaytona 675には、Triumphが徹底してこだわるクラス随一の製造品質に裏打ちされた、滑らかなダイナミズムとディテールへのこだわりが表現されています。Daytona 675 Rにはさらに、レッドに塗装されたサブフレーム、ホイールストライプ、追加されたデザイン、カーボンファイバー製パーツが追加されています。

主要なアクセサリー

Arrow製サイレンサー

軽量なステンレス、チタン、カーボンを使用したスリップオンサイレンサーです。公道を走行する車両への装着はできません。ご購入にあたっては、サーキットなどのクローズドコースでの使用に限定することにご同意いただく必要があります。詳しくは正規販売店にお問い合わせください。

シートカウル

バイクをソロ専用に使う場合は、Triumph Daytona 675のテーパー状のテール部分のスリムなラインにぴったり合う、ラバーストップ付の色合せされたパッセンジャーシート用カウルが利用できます。

ブレーキリザーバー

アルミニウムの無垢材をCNC機械加工し、ブラック仕上げの酸化皮膜処理を施したカスタムブレーキリザーバーは、フロントとリアいずれのブレーキにも対応し、機械加工でレーザー刻印されたTriumphロゴに加え、一体化された確認用窓がつきます。

スタンドボビン

高耐久性ナイロンで作られたTriumphのパドックスタンド用ボビンはスイングアームのネジ穴にぴったり収まり、チェーン調整作業を容易にします。

フォークプロテクター

Daytona 675のフォークを傷つけないよう保護するCNC機械加工によるプロテクターです。酸化皮膜加工されたスペーサーにはレーザエッチングによるTriumphロゴがはいり、頑丈で摩擦にも強いアセチルスライダー付です。

リアライト

標準のレッドレンズのリアライトを高光度のLEDバルブと透明なレンズが特長のアクセサリーリアライトユニットに交換して個性を際立たせます。

Daytona 675 モーターサイクル

Daytona 675 R

¥1,585,000

Daytona 675 R

今回のDaytona 675Rでは、画期的な新しい標準を打ち立てることができました。これは正に、サーキット走行のためのマシンです。狙いを定め、確実にそれを実行する。これまでのバイクによるサーキットやロードで得た経験に、エンジニアリング技術とアイデアの最新成果を組み合わせることで、より速い、さらにハンドリングが磨かれた、そして乗りやすいバイクを世に出すことができました。

新しい3気筒エンジンによる14,400 rpmのレブリミットまでの全域で増したパワーを得た新モデルは、旧型よりも1 kg軽量です。新しいフレーム・ジオメトリー、質量の集中化、レースで培われたÖhlins製サスペンションなどにより、カミソリのように鋭いハンドリングと信頼につながる的確なフィードバックがさらに高まりました。Brembo製ブレーキ、クイックシフター、カーボントリムなどいくつかのスタイリング上の工夫も加わり、本物のサラブレッドに乗っている実感を味わっていただけます。

*掲載されている写真のモデルはUK仕様です。日本仕様はサイレンサーの形状など細部が異なります。詳しくは正規販売店にお問い合わせください。

正規販売店を探す

No Results Available